松尾芭蕉の句碑

この句碑は松尾芭蕉が山鹿温泉に宿泊し、夕方たまたま日輪寺を散策した際に、池の淵に立ち林の中を飛び回る蛍を見て

「己のが火を木木の蛍や花の宿」と詠んだ句を記念して建てられました。